今日はチマタにあふれる新人WEBライターが手を出しそうな有料商材について買った方がいいのか?悪いのか?を書いていきたいと思います。詐欺商材なのか本当に身になる商材なのか一見しただけでは見分けがつかないと思います。

そこで私の経験をもとに有料商材についての感想をのべたいと思います。

結論!モノによる!

WEBライターの増加により商材が無数に増えた

クラウドソーシングサイトの案件の充実によりWEBライターは日に日に増加の一途をたどっています。そうした背景から初心者を狙いライティングの商材は多数存在します。中には有益なものもありますがお金を出してまで買う情報ではないものもあります。

市販の本の情報をそのままリライトした内容

ライティングの本は書店にもたくさんあります。ネットにある有料商材は書店に並んだ本の内容を真似して多少アレンジを加えたものが多いです。そのため、まずは市販の書籍を読んでWEBライティングがどんなものか学んだ方が騙される確率はグンと下がります。

初心者は市販の本から勉強しよう!

以下の本は私がライティングを勉強する際に読んだ本です。

沈黙のWEBライティング

WEBライターの皆さんがこぞっておすすめする定番書籍ですね!SEOってなに?という方が読むにはもってこいの本です。

新しい文章力の教室

こちらは完読される文章を目指しましょうという趣旨で書かれた本です。初心者がおちいるNGな文章の書き方を鋭く指摘しています。

世界一ラクにスラスラ書ける文章講座

こちらは文章の書き方がそもそも分からない!という人のための本です。文章を書くための型を3つに分けて紹介しています。型さえ身に着けてしまえば文章はスラスラ書けるのでこの本はぜひ読んで下さい。

自分に必要な商材であるか見極めるには

文章には必ず型が存在します。有料商材の紹介にも必ずセールスライティングの型が使われています。以下で紹介するセールスライティングの本を読んで有料商材が優良商材であるのか判断できるようになりましょう。

人を操る禁断の文章術

メンタリストのDaiGoさんが書いた本です。文章によって人を操る方法が書いてあります。もちろん人に物を買わせる術もしっかりと書かれています。この本を読んだ後で確かに自分にもセールスライティングの術中にハマった心当たりがありました。

言葉ひとつで儲けは10倍

近代の物を買わせるためのノウハウがぎっしりと書かれています。セールスレターの具体的な型が書いてあり、現代の広告のほとんどがこの型にハマっています。

この2冊を読んでからネットの有料商材は買いましょう

私がネットで販売している商材を見たところこの2冊で紹介されている手法が面白いほどに使われていました。私はこの2冊に書かれている手法を使う有料商材の作成者は私と同じくらいのセールスライティングスキルであると判断し購入にはいたりませんでした。

テクニックが見抜けるならばその商材は買う必要はないのです!

まとめ

  • 有料商材は市販の本の内容を簡単にまとめてくれているという点では有用である。
  • しかし!情報は手間をかけて集めたものだからこそ意味がある。
  • ライティング上達は実践あるのみ!できるだけたくさん受注してたくさん失敗しましょう!

ds_30によるPixabayからの画像

投稿者: ショウヘイ

リーマンショックの時に就職活動を経験。 新卒で入った歯科ディーラーの会社を8ヶ月で退職し 土地家屋調査士事務所に勤務。 勤務をしながら資格の勉強を続け2018年に土地家屋調査士の資格を取得。 現在はWEBライターとして活動中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です