どうも!元ダメリーマンのショウヘイです!

わたしはむかしルート営業をしていたのですが

喋りが苦手でやめました(笑)

同じように悩んでいる人いるんじゃないかな?

しかし!

自分は上手いことが言えてないから売れない営業マンなんだと思っているあなた!

それは違います!

それは確かに言葉が立て板に水のように出てくれば

聴いていて小気味はいいでしょうがそれが売り上げにつながっているかは別の話です。

喋ることだけを意識してマシンガンのように喋ったところで相手にとっては右から左に情報が流れているだけです。

では、大事なことは何か?

それは気の「利いた一言」です。

それが出てくりゃ苦労しないよっ!というあなたにこの本です。

岩波貴士さんの「言葉ひとつで儲けは十倍」

あの時こういえばよかったのか!

とっさの場面に言いたかったのはこういうことだったんだよ!

的な言葉が書いてあります!

この本!新卒で営業マンをやっていたあのときの自分に読ませたかった!

ページ数も200Pほどなので非常に読みやすいボリュームです!

しかし、内容は充実しております!

しかも、営業職のひとだけでなくウェブライターの方にも

読んでほしい内容がかいてあります。

セールスライティングの具体的な型も解説してあり

型だけでなくネタの探し方まで・・・。

何を書けばいいのかなー?も

どう書いたらいいのかなー?も

この一冊で解決の糸口が見つかります。

しかも、今まで自分が商品購入に導かれていたトリックまで書いてあり

そんな仕掛けでモノは売れるのか!

と関心してしまいます。

この本で読んだことはスグに実践したくなって

ますますライティングが楽しくなりますよ~。

投稿者: ショウヘイ

リーマンショックの時に就職活動を経験。 新卒で入った歯科ディーラーの会社を8ヶ月で退職し 土地家屋調査士事務所に勤務。 勤務をしながら資格の勉強を続け2018年に土地家屋調査士の資格を取得。 現在はWEBライターとして活動中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です